「仲介」と「買取」

「仲介」と「売買」

いざ、不動産を売却しようとなると、いくつかの方法があります。

一般的には、不動産仲介会社に依頼して「仲介」によって市場で売却する方法です。

一方、不動産会社等に買い取ってもらう方法もあります。いわゆる「買取」です。

​H.I.C不動産では売却方法のご相談も承っていますので、お気軽にお問い合わせください。

不動産仲介売却

一戸建て売買仲介
不動産売買仲介

「売却」は、不動産会社を仲介して、売主が個人の買主に不動産を売るものですが、当然ながら、買主が見つかるまで売買が成立しません。買主を見つけるための広告掲載、営業活動を行う期間が必要となります。通常の場合でも物件が売れるまでに数カ月程度を見込んでおく必要があります。

売却は、個人に直接売るため、相場価格に近い金額で売れる可能性がありますが、査定価格から売却価格を決めて売りに出しても、買い手がいない場合は価格を下げることになります。価格交渉により値引きをする場合もあります。

H.I.C不動産では、売却のご相談を受けてすぐに、どれくらいの価格で売れるかを査定させていただきます。

マンション売買仲介

不動産査定・買取

マンション査定・買取
281795_m.jpg

「買取」とは不動産会社が不動産を買い取るものです。「売却」では時間がかかるのに対し、売主が現金化を急ぐ場合や、売却活動を続けてもなかなか購入希望者が現れないような場合は買取が選ばれることが多くなります。購入希望者の内覧なども必要なく、近所の方に売却の事実を知られることがないため、仲介売却より手間なく不動産を手放すことができます。

お電話による査定のお申し込みだけでなく、インターネットからのお申し込みも受け付けております。お客様のご都合に合わせて、経験豊富な査定員が誠実・丁寧に無料査定・買取をいたします。

土地査定・買取

ローン・税金・保険の相談

不動産売買契約書
ローンの相談

不動産売却時には、いくつかの費用がかかってきます。

仲介手数料

物件の売買価格に応じて所定の金額をお支払いいただきます。

 

売買契約書の印紙代

売買契約書には必ず収入印紙を貼り、消印をしなければなりません。印紙代は売買価格によって異なります。

 

譲渡税

不動産を売却した場合には、確定申告が必要になります。申告により売却利益が生まれた場合には、その利益に譲渡税がかかります。

 

抵当権等抹消費用

売却する物件に住宅ローンや抵当権等の設定がある場合は、物件の買主に引き渡す前にそれらの権利等を抹消する必要があります。費用は権利の種類や数によって変わります。

 

発生する諸費用についても、きちんと考えておかないと、思わぬ出費になってしまい、資金計画に影響が出てしまうかもしれません。H.I.C不動産では初めての方にも、お客様の立場に立ってご説明させていただきます。

どんなことでも、お気軽にご相談ください。

不動産売却時に発生する費用

お問い合わせフォーム

お問い合わせはこちらのH.I.C不動産公式サイトのフォームをご利用ください。

ご連絡いただいた内容をもとに、折り返しご連絡させていただきます。

お問い合わせフォーム

所有物件がどのくらいで売れるのか知りたい方、不動産を手放したい方は、こちらの無料査定のご依頼フォームよりお問い合わせください。